自然豊かな広島湾・似島で生まれ育った郷土愛が「牡蠣づくり」のはじまりでした。

広島湾に浮かぶ周囲16kmの似島(にのしま)。その美しい稜線は、富士山に似ていることから「安芸小富士(あきこふじ)」とも呼ばれ似島の由来になっています。

「堀口のかき」の生産地である似島は、広島湾の中ほどに浮かぶ周囲16km程の小さな島です。この島は、太田川河口の沖合に位置するため「かき」にとって必要な栄養分が川によって運ばれるという、理想的な環境となっています。緑豊かな山と穏やかな蒼い海。四季折々の自然が残る瀬戸内の自然のなかで、私たちは450年もの昔から受け継がれてきた「牡蠣づくり」の歴史を絶やすことなく「美味しく、安心、安全」な牡蠣の生産に努めています。


企業コンセプト

『美味しく、安心、安全』な牡蠣の生産を通じ、「健康」「食育」「文化交流」など、
豊かな暮らしのお手伝いを行っています。

私たちが愛情いっぱいに育てています。

堀口のかきの生産を始めて今年で41年。常に消費者の方に直接提供できる商品作りに力を注いできました。もちろん、初めは失敗だらけ。牡蠣の成育やむき身方法に試行錯誤しながら改良に改良を重ねてきました。その結果、瀬戸内海の豊富な資源と独自開発の紫外線流水殺菌・マイクロバブル装置のお陰で、現在の堀口のかきが完成しました。お陰様で、広島市にも「ザ・広島ブランド」に認定され、広く多くの方に知っていただきました。

今回、数量限定となり誠に申し訳なく思いますが、全国の皆さまに「牡蠣の本当の味」を知っていただきたく、インターネット販売を開始することになりました。「牡蠣が苦手」という方にも是非一度お試しいただきたく思っています。今までの牡蠣に持っている価値観が変わることを保証します。


堀口海産株式会社 会社概要

事業内容 1.生かきの養殖及び販売
2.冷凍かきの製造及び販売
3.前記各号に附帯関連する一切の事業
創業 1978年(昭和53年)12月1日
設立 1989年(平成元年)10月1日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 堀口照幸
従業員数 28人(内、パート従業員 21人)
所在地 〒734-0017 広島市南区似島町信谷5160
TEL:082-259-2366 FAX:082-259-2388
E-mail:kaki21@crest.ocn.ne.jp

似島(にのしま)へのアクセス

旅客船の場合

発着 宇品市営桟橋発 - 似島学園前着
所要時間 約15分
お問い合わせ先 有限会社バンカーサプライ TEL:082-251-4354

フェリーの場合

発着 宇品旅客ターミナル発 - 似島学園前着
所要時間 約20分
お問い合わせ先 似島汽船 TEL:082-259-2040

沿革

1968年(昭和43年)4月 現社長の父、区画漁業権取得
1978年(昭和53年)12月1日 堀口照幸、堀口海産を創立
1989年(平成元年)10月1日 堀口海産有限会社を設立
2004年(平成16年)8月 堀口海産株式会社へ組織変更
2008年(平成20年)3月 「堀口のかき」、広島市「ザ・広島ブランド味わいの一品」に認定
2014年〜2015年 冬 プレミアムトップかき 認定
2018年(平成30年)6月 代表取締役社長 堀口信介 就任
代表取締役会長 堀口照幸 就任
2019年(令和元年)9月 急速凍結機 ブラストチラー 導入
ザ・広島ブランド

堀口のかきは「ザ・広島ブランド」に認定されています。

広島市が広島ならではの魅力ある特産品を「ザ・広島ブランド」と認定し、知名度をより高め、消費拡大を図ることで、広島のイメージ向上を図ることを目的とした制度です。
「堀口のかき」は、第1回「ザ・広島ブランド味わいの一品」の認定品として選ばれました。


地元テレビ局に紹介されました!

ひろしまケーブルテレビ

川島宏治のTHEひろしま・プラス1

芸州本店の料理長名越さんが日本テレビで放送されていた「どっちの料理ショー」に出演され堀口のかきを使った牡蠣土手鍋を調理し勝利しました!

堀口のかきを使った「芸州本店オリジナル 牡蠣土鍋」は
お客様に大好評です。

芸州本店名物牡蠣土手鍋

芸州本店 料理長 名越孝明

堀口のかき

恵まれた漁場のもとこだわりという
真心を「牡蠣」に託して
極上のひと粒をお届けいたします。

(食感)
瀬戸内海の豊富な栄養分を蓄えて育つため育つため、プリプリです。
大きさ
平均25gと広島県産の牡蠣は大きく育ちます。
匂い
嫌な匂いが全くなく牡蠣本来の磯の香りが愉しめます。
  • 牡蠣の出荷シーズンは11月〜3月のみとなっております。
  • 厳選管理された堀口のかきは、生産できる数量に限りがあり、限られたお店にしか出荷していません。
  • インターネット販売も1日100kgまでとさせていただいています。
    今だけしか味わえない「本物の牡蠣の味」をお試しください。